So-net無料ブログ作成
検索選択

窓ガラス [ヘーベルハウスを建てるまで]

ヘーベルハウスでは、

低放射複層ガラス
遮熱低放射複層ガラス
合わせ低放射複層ガラス(防犯)

の 3 種類の窓ガラスが使われる。

低放射複層ガラスと遮熱低放射複層ガラスの違いは、Low-E ガラスを室内側に設置する(低放射複層ガラス)か、室外側に設置するか(遮熱低放射複層ガラス)だけだ。

つまり、Low-E ガラスを設置した側からの熱をより多く反射する。

値段もほとんど変わらないが、ヘーベルハウスの価格設定では、わずかながら遮熱低放射複層ガラスの方が高い。

合わせ低放射複層ガラスは室外側に Low-E ガラス、室内側に特殊中間膜を挟み込んだ防犯合わせガラスを使う。Low-E ガラスが室外側に設置されることを考えると、低放射というより遮熱低放射になると思う。ヘーベルハウスでは 1F の窓は合わせ低放射複層ガラスが標準仕様になっているので、低放射複層ガラスに比べると冬の暖房効率は少し悪いし、おひさまのひかりでぬくぬくというわけにもいかないようだ。

ちなみに Low-E ガラスを室内側に、防犯合わせガラスを室外側に使ったものは見たことが無い。

メーカー比較はしないつもりだったけど、積水ハウスの場合、1F 及びバルコニーに面した 2F は遮熱断熱・防犯合わせ複層ガラスが標準になっており、それ以外は遮熱断熱複層ガラスになっている。両方とも Low-E ガラスを室外側に使っており、外からの熱を遮ることに注力している。直射日光があたる窓についてはいいと思うのだが、そうでない窓は Low-E ガラスを室内側に使った方がよいのではないだろうか。一方で寒冷地については、Low-E ガラスを室内側に使った高断熱ペアガラスを使っている。

なぜ、急に窓が気になりだしたのかというと、ヘーベルハウスの日照・通風シミュレーション ARIOS の結果を見たからなのだ。これについては、また後日。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。