So-net無料ブログ作成
検索選択

ヘーベルハウスのインテリアフェア [ヘーベルハウスを建てるまで]

待ちに待った :-) ヘーベルハウスのインテリアフェアに行ってきた。
インテリアフェアでは、担当の IA さんが各メーカーを案内し、その家のインテリアにあった家具をおすすめしてくれる。capi-ta 達の家のインテリアを一緒に検討してくれた H さんだからこそ、capi-ta 達の好みも知り尽くしているし、的確なアドバイスをもらうことができるはず。

…はずだったのだが、担当の H さんがちょうどインテリアフェア当日に結婚式をあげられる(おめでとうございます〜)ということで、担当はあまたの IA を束ねるドン、K さん。H さんは capi-ta 達の好みや、おすすめのソファの資料を K さんに託してくれたので、とてもスムーズにソファ選びをすることができた。

#準備でお忙しい中、ありがとうございました。> H さん

capi-ta 達の最大の懸案事項は、カウチにするかスツールにするか。

リビングの大きさから考えて、幅を 2100mm 程度に抑えないと、ウォールファニチャーの扉の開閉が難しくなってしまうのだが、これまでにいいと思ったソファのカウチセットは幅がだいたい 2300mm 以上。あこがれのカウチにして扉の開閉をあきらめるべきか、スツールにして扉の開閉をとるか。なかなか決心がつかないでいた。

そして、H さんから事前に受けていたアドバイスとして、ダイニングからリビングにかけての空間の広がりをできるだけ損なわないようにするため、ソファの高さは極力抑えた方が良いということだった。せっかく、リビングとダイニングに一体感を持たせ、空間的な広がりを演出しているのに、背の高いソファで分断してしまっては全く本末転倒になってしまう。確かにその通りなのだが、やっぱりソファは背もたれが高い方が、肩から首にかけても支えられるのでとても楽なのだ。背もたれの低いソファになると、どうしても背クッションなどで肩や首を支えなくては理想の座り心地はえられない。

また、ダイニングからリビングに目をやると、ソファの背中が目に飛び込んでくるので、後ろ姿も気を抜けない。できることなら、後ろ姿もかっこいいソファがほしい。



主に見たのは、AIDEC、村田合同(FLEXSUS)、マルニ、HUKLA。そんな中で、capi-ta がいいなと思ったのは AIDEC とHUKLA。

まずは、AIDEC の JUNO。

JUNO_TableNOAH_img01.jpg

とにかく隙のない品質の高さと、このデザインが気に入った。さらに、JUNO はオプションのヘッドレストを付けられる。

JUNO_HEADREST3.jpg

このヘッドレストがなかなかの優れもので、角度を自由に変えられるのだ。これはらくちん。これでヘッドレストのデザインもう少し好みだったらよかったんだけど。また、JUNO はフルカバリングではないため、いざというときのためのメインテナンス性は多少劣るかもしれない。

そして、大本命の HUKLA REGIO。

new.jpg

やっぱり、HUKLA ではこの REGIO のデザインが一番好きだ。そして、REGIO のいいところは、3P ソファでありながら、真ん中で分かれていないこと。分かれていると3Pソファであっても、真ん中の座り心地はどうしても微妙になってしまう。これなら 3 人で座っても快適。

JUNO、REGIO 共に、カウチにするとどうしても幅が大きすぎて、ウォールファニチャーの扉の開閉に支障が出てしまう。それに対して、スツール + 3 P(JUNO は 2.5P) ソファなら配置を変えることで、来客時には対面に配置したり、普段はソファに付けてオットマンとして使うこともできる。カウチだと、コーナー部分は実質的にデッドスペースとなってしまい、3 人しか座ることができない。

そして、何よりスツール + 3P の方がカウチにするよりだいぶ値段が抑えられるのだ。(爆)

どちらもデザイン、質感ともに申し分無いし、後ろ姿もすっきりとしていて、capi-ta 的にはどちらでもいいと思っていたら、capi 妻は JUNO は全く気に入らなかったらしい。

ということで、HUKLA REGIO 3P ソファ + スツールに決定!

最後に見積を出してもらったところ、思っていたよりも割引率が高かったので嬉しい誤算だった。

さて、後はどの張地にするか…。

nice!(1)  コメント(2) 

nice! 1

コメント 2

shu

はじめまして!AIDECやHUKLAを選ぶなんてかなり通ですね(笑)
実は、私もソファの買い替えを考えていて、つい先日Regioのカウチ
を購入してしました。
張り地はどうしても、愛犬がいるのでラムースしか選択肢がなく、
色はダークブラウン(28-1186)を選択しました。
たしかにラムースはのっぺり感がありますが、ダーク色だとそれが、
高級感に変わりますよ。色の選択をもう少し考えてみては・・
まだ、届いていませんが自分としてはよい選択だったと思っています。
クッションで18-1352、18-1355を使い、すべてウォッシャブルにこだわりました。このソファの前はarflexのA・sofaを使っていたのですが、この生地が洗えずにどうも、汚れを気にしつつ使っていたものですから・・
どちらもモールドウレタン採用モデルで耐久性は抜群だと思いますが、
ソファの専門メーカーということもあり、HUKLAにしました。
ところで、capi-ta さんはRegioのソフトタイプですか?ハードタイプですか?僕はハードしか座れず、これでは堅すぎ!ということで、
ポリティクッションの入ったソフトタイプに座らずにきめてしました。ソフトタイプ座られました?よかったら感想などお聞かせください。

by shu (2009-03-26 16:46) 

capi-ta

こんにちは。shu さん。
通だなんてとんでもないっ。家を立てることにならなければ、未だに HUKLA も arflex もわからなかったと思います。(笑)
そうですね。ラムースもダーク色だとだいぶ印象が変わりそうですね。あの起毛の質感や肌触りは捨てがたい物があります。
うちは REGIO のソフトタイプにしました。ソフトタイプとハードタイプをかなり時間をかけて座り比べ、自分としてはどちらも良かったのですが、妻の意見でソフトに決まりました。ソフトタイプも身体が沈み込むような印象は無く、しっかりとささえてくれる感じです。ただ、座り心地の好みは本当に人それぞれらしいので、あくまで私個人の感想です。
次の記事では目黒のショールームの話を書こうと思っているので、よろしければまたいらしてください。:-)
by capi-ta (2009-03-27 00:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。