So-net無料ブログ作成

bodum BISTRO コーヒーグラインダー [いえいがいのこと]



_MG_5898-1.jpg





平日の朝はカルディのコーヒーを紙ドリップで淹れて愛飲してます。これまでコーヒーミルを持っていなかったので、挽きで豆を買っていたのですが、やはり挽いてしまうとはじめの豊かな香りはあっという間になくなってしまいます。

せっかく買っているコーヒーなので、もう少し新鮮で美味しく飲めるようにコヒーグラインダーを購入しました。



_MG_5877-1.jpg



選んだのは bodum の BISTRO コーヒーグラインダー。
いつものことながら、見た目重視です。(笑)

一般に販売されているコーヒー豆一袋を入れておけるホッパーというパーツが、本体に比べて大きすぎて頭でっかちに見えなくもない。(- -;;



_MG_5886-1.jpg



色はブラック。

インテリアに合わせるならホワイトが良かったのですが、bodum の製品はプラスチック筐体でも表面にゴムのようなシボ加工がされており、コーヒーの汚れが付くと簡単には取れません。アマゾンでもそんなレビューが。



_MG_5897-1.jpg



本体裏に電源コードを巻いて収納できるようになっており、必要な長さだけコードを出して使えます。コンセント周りをスッキリできるのがうれしい。



_MG_5896-1.jpg



挽きの粗さ調整はホッパーを回転させることで行います。うちは紙ドリップなので目盛りを中挽きに合わせてみましたが、カルディで挽いてくれるものより細かい感じです。

2 人分以上の豆を挽くことは滅多にないので、その都度ホッパーに豆を入れて挽くことにしました。



_MG_5899-1.jpg


動作時間を指定できるタイマーがあり、エスプレッソ、ドリップ、フレンチプレスそれぞれの粗さで必要なカップ数の豆を挽くための時間がホッパーのフタの裏側に書かれていてなかなか気が利いています。ただし、3 カップ分以上。



_MG_5900-1.jpg



挽き刃はこまめにクリーニングしないと、油分によりコーヒー粉がこびりついて取れなくなるそうですが、錆びる可能性があり絶対に水洗いしてはいけないとのこと。

その他に注意しなくてはいけないこととして、

ホッパーに豆が入った状態で本体から取り外すと、豆が下からこぼれてしまう。

ホッパーに豆が入った状態で粗さ調整を行うには、モーターが動作している状態で行う。でないと故障の原因に。

モーターが過熱しないように連続使用は行ってはならない。

といったことがマニュアルに書かれており、結構デリケートで手間のかかるヤツです。(^^;;

とりあえず一緒にこんなものも買っておきました。



_MG_5894-1.jpg



amazon でオススメされたこのブラシは、プラモデルやフィギュア向けの静電気防止タイプブラシで、ストッカーからコーヒー粉をドリッパーに移すときやクリーニングで大活躍。ブラシにコーヒー粉が付着しないのでとても使い勝手がいいです。

密閉びんは 1L のものにしました。1パックのコーヒー豆 200g には大きすぎるけど、0.5L だと足りないのです。0.75L びんがあるとパーフェクト。

これでまたコーヒータイムを楽しく過ごせそうです。




bodum BISTRO 電気式コーヒーグラインダー ブラック 10903-01

bodum BISTRO 電気式コーヒーグラインダー ブラック 10903-01

  • 出版社/メーカー: Bodum (ボダム)
  • メディア: ホーム&キッチン



モデルクリーニングブラシ 静電気防止タイプ 74078

モデルクリーニングブラシ 静電気防止タイプ 74078

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



Kalita スコップメジャー #44079

Kalita スコップメジャー #44079

  • 出版社/メーカー: Kalita (カリタ)
  • メディア: ホーム&キッチン



セラーメイト 密封びん 1L 220018

セラーメイト 密封びん 1L 220018

  • 出版社/メーカー: 星硝
  • メディア: ホーム&キッチン


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。