So-net無料ブログ作成
検索選択

PEUGEOT Allons-Y タイヤ交換 [いえいがいのこと]



_DSC1007-1.jpg




これまでずっと気づかないふりをしていましたが(笑)、タイヤにヒビ割れができてしまい重い腰を上げてタイヤ交換を行いました。

パーツは一通りアマゾンで購入。


_DSC0984-1.jpg


今回選んだパーツは全てPanasonicの自転車ブランドであるPanaracer。


_DSC0992-1.jpg


タイヤサイズは20x1.75から20x1.50に変更して少し細くしました。オンロードしか走らないので、この太さでも十分でしょう。こんな風に一本一本丁寧に包装してあるところが日本製であることを感じます。


_DSC0993-1.jpg


リムテープも新しいものを。一度装着してしまえばほとんど目にすることのないパーツですが、なかなかいいデザインです。(笑)


_DSC0996-1.jpg


今回もチューブは米式バルブを選択。


_DSC0994-1.jpg


タイヤレバーも買いました。重ねるとパチッとはまるので、きっと行方不明になりにくいと思います。


_DSC0999-1.jpg


新旧タイヤを並べてみるとやっぱり幅がだいぶ違います。


_DSC1003-1.jpg


マウンテンバイクなどで、オフロード用のタイヤからオンロード用のタイヤに換えるとフレームとタイヤの間があきすぎてスカスカな印象になるらしいですが、さすがに1.75から1.50程度の違いなら、装着した時の雰囲気もほとんど変わらないですね。


_DSC1008-1.jpg


滅多にやらない作業なので、今回も結構苦戦してしまいました。(^^;;
しかもフロントの回転方向を間違って装着してしまったのですが、とりあえず反転して付けておきました。(爆)

新しいタイヤに空気を入れてみると、虫ゴムが新しくなったせいか、空気入れのアダプターを外した時の空気漏れが少なくなったようです。外したタイヤを見るとどうも前後で幅が違う気がしたので、ノギスで測ってみたらフロントが39.5mm、リアが 37.5mmとリアの幅が狭くなっていました。

前回のタイヤ交換からすでに5年以上経ってしまったので、今度はひび割れができる前に交換したいところです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

Cailler LE CHOCOLAT (カイエ ル・ショコラ) [NESPRESSO]



_MG_5904-1.jpg




capi妻にネスプレッソを6本買ってきてもらうように頼んでおいたら、なぜか2本増えて8本に。どうも8本買うと、このココアパウダーがプレゼントされるということで、うまくのせられてしまったようです。


_MG_5909-1.jpg


早速開けてみると、スティックの切り口に開けやすいようにミシン目が入っており、外国製品のパッケージにあまり良い印象が無かったのでちょっと感動。

芳醇なカカオの香りが漂い、なによりとっても美味しい。

ネスプレッソでカフェラテを作り、スティックの1/3程度のパウダーを加えると自分にとってはほぼ完璧なカフェモカが出来上がりました。


_MG_5907-1.jpg


フランス産で輸入者はネスプレッソ。CT、ATと国別コードが書かれており、もともとスイスとオーストリア向けの製品のようです。貼られているラベル以外は(多分)ドイツ語とフランス語で全く読めず。


_MG_5917-1.jpg


フォームドミルクの上にパウダーを載せたらパウダーの重みで泡がどんどん沈んでしまい、写真はもう少しの出来。素直に先にパウダーを入れておけばいいのですが、それだと面白くないので。(笑)

ネスプレッソのウェブでは756円で販売されていますが、現在は在庫無しでした。

やはり、ネスプレッソのキャンペーンはのせられる価値ありです。(^^;;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

bodum BISTRO コーヒーグラインダー [いえいがいのこと]



_MG_5898-1.jpg





平日の朝はカルディのコーヒーを紙ドリップで淹れて愛飲してます。これまでコーヒーミルを持っていなかったので、挽きで豆を買っていたのですが、やはり挽いてしまうとはじめの豊かな香りはあっという間になくなってしまいます。

せっかく買っているコーヒーなので、もう少し新鮮で美味しく飲めるようにコヒーグラインダーを購入しました。



_MG_5877-1.jpg



選んだのは bodum の BISTRO コーヒーグラインダー。
いつものことながら、見た目重視です。(笑)

一般に販売されているコーヒー豆一袋を入れておけるホッパーというパーツが、本体に比べて大きすぎて頭でっかちに見えなくもない。(- -;;



_MG_5886-1.jpg



色はブラック。

インテリアに合わせるならホワイトが良かったのですが、bodum の製品はプラスチック筐体でも表面にゴムのようなシボ加工がされており、コーヒーの汚れが付くと簡単には取れません。アマゾンでもそんなレビューが。



_MG_5897-1.jpg



本体裏に電源コードを巻いて収納できるようになっており、必要な長さだけコードを出して使えます。コンセント周りをスッキリできるのがうれしい。



_MG_5896-1.jpg



挽きの粗さ調整はホッパーを回転させることで行います。うちは紙ドリップなので目盛りを中挽きに合わせてみましたが、カルディで挽いてくれるものより細かい感じです。

2 人分以上の豆を挽くことは滅多にないので、その都度ホッパーに豆を入れて挽くことにしました。



_MG_5899-1.jpg


動作時間を指定できるタイマーがあり、エスプレッソ、ドリップ、フレンチプレスそれぞれの粗さで必要なカップ数の豆を挽くための時間がホッパーのフタの裏側に書かれていてなかなか気が利いています。ただし、3 カップ分以上。



_MG_5900-1.jpg



挽き刃はこまめにクリーニングしないと、油分によりコーヒー粉がこびりついて取れなくなるそうですが、錆びる可能性があり絶対に水洗いしてはいけないとのこと。

その他に注意しなくてはいけないこととして、

ホッパーに豆が入った状態で本体から取り外すと、豆が下からこぼれてしまう。

ホッパーに豆が入った状態で粗さ調整を行うには、モーターが動作している状態で行う。でないと故障の原因に。

モーターが過熱しないように連続使用は行ってはならない。

といったことがマニュアルに書かれており、結構デリケートで手間のかかるヤツです。(^^;;

とりあえず一緒にこんなものも買っておきました。



_MG_5894-1.jpg



amazon でオススメされたこのブラシは、プラモデルやフィギュア向けの静電気防止タイプブラシで、ストッカーからコーヒー粉をドリッパーに移すときやクリーニングで大活躍。ブラシにコーヒー粉が付着しないのでとても使い勝手がいいです。

密閉びんは 1L のものにしました。1パックのコーヒー豆 200g には大きすぎるけど、0.5L だと足りないのです。0.75L びんがあるとパーフェクト。

これでまたコーヒータイムを楽しく過ごせそうです。




bodum BISTRO 電気式コーヒーグラインダー ブラック 10903-01

bodum BISTRO 電気式コーヒーグラインダー ブラック 10903-01

  • 出版社/メーカー: Bodum (ボダム)
  • メディア: ホーム&キッチン



モデルクリーニングブラシ 静電気防止タイプ 74078

モデルクリーニングブラシ 静電気防止タイプ 74078

  • 出版社/メーカー: タミヤ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



Kalita スコップメジャー #44079

Kalita スコップメジャー #44079

  • 出版社/メーカー: Kalita (カリタ)
  • メディア: ホーム&キッチン



セラーメイト 密封びん 1L 220018

セラーメイト 密封びん 1L 220018

  • 出版社/メーカー: 星硝
  • メディア: ホーム&キッチン


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅