So-net無料ブログ作成
検索選択

Allons-Y ブレーキケーブル交換 [いえいがいのこと]



_DSC1077-1.jpg


とある週末、Allons-Y に乗っていたら、どうもフロントブレーキのレバーが引っかかります。おかしいと思い、何度かレバーを引いていたら、「ぶちっ」っという音とともにインナーケーブルが切れてしまいました。

そこで初めてブレーキケーブルの交換に挑戦。
何も考えず、SHIMANO のスタンダードブレーキケーブルセットを2つ購入。
よくよく見てみると、1セットにフロントとリアのインナーケーブルが付いているので、1つ余計に買ってしまいました。

が、後々、このおかげで助かることに…。



_DSC1079-1.jpg


当然持っていなかったので、amazon で購入した格安のワイヤーカッター。この値段で Made in Japan なのは素晴らしい。


_DSC1080-1.jpg


こちらが切れてしまったワイヤー。どうやらリードパイプの角度がきついため、そこにテンションが掛かって切れてしまったようです。もともと 15 年位交換していなかったので(汗)、寿命が来てもおかしくないです。

一般に、ブレーキケーブルは1年毎の交換が推奨されているらしい。



_DSC1083-1.jpg


切れたインナーケーブルを引き抜いて新しいものと比べてみました。

真ん中が切れた古いインナーケーブル。左がリア用、右がフロント用。
切れたのはフロント用です。

というわけで、ケーブルセットのフロント用インナーケーブルは短くて使えませんでした。Allons-Y、おそらく BD-1 系の小径車ではフロントにもリア用の長さのインナーケーブルが必要です。ブレーキケーブルセットを2つかっていなかったら、インナーケーブルが足りなくなるところでした。


_DSC1084-1.jpg


アウターケーブルをワイヤーカッターで切るとどうしても潰れてしまいます。ワイヤーを通しておいて切ってもダメでした。そこで千枚通しで穴を広げ、ヤスリで切り口をなめらかにします。アウターケーブルは樹脂、スチール、樹脂という3層になっており、切り口にスチールのエッジが残っていると、インナーケーブルを傷つけてしまうかもしれません。ヤスリは紙やすりではなく、金属のしっかりしたものだとだいぶ作業が楽になると思います。



_DSC1086-1.jpg


エンドキャップの取り付けはラジオペンチで楽勝だろと思っていたら、結構硬くてかかしめることができず。そこで、ワイヤーカッターの持ち手側の突起に着目。ここに挟んでしめたところ、うまくかしめることができました。


_DSC1087-1.jpg


それなりに試行錯誤したものの、意外と簡単にできたと思っていると、ブーツが付いていないことに気づきました。インナーケーブルが切れた時に、ブーツは落としてきてしまったのでしょう。
急遽、近く(と言っても2km)の自転車屋さんまで買いに行ってきました。
一旦、エンドキャップをかしめてしまうと、当然ながら簡単には外せないので、結局インナーケーブルを切って再度エンドキャップを付けました。エンドキャップを無駄にしてしまったので、ここでもケーブルセットを2つ買っておいたことが吉に(笑)。


_DSC1090-1.jpg


ブレーキケーブルを交換したことで、特にフロントはフリクションが減ってダイレクトな感覚になりました。コントロール性も問題なさそう。

次にやるとしたら、シフトケーブルかなぁ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

LANSKY Sharpener [いえいがいのこと]



_MG_6022-1.jpg


Fiskars のパワーレバー、ハンディギアプルーナを買って愛用しています。といってもあまり園芸には熱心でないので、時々思い出したように枝をバサバサ切りまくるだけです。(^^;;


_MG_6026-3.jpg


使った後は水洗いして汚れを落としてから KURE 5-56 を塗布しているので、さほどサビもなくきれいなのですが、かれこれ6年も使い続けているため、だいぶ切れ味が鈍くなってきました。

切れ味が悪くなってきた以外、他は全く問題ないのでシャープナーを買って試してみることに。


_MG_6023-2.jpg


買ったのは LANSKY BladeMedic Sharpener。

amazon でベストセラー1位にランキングされており、本来はアウトドアで使うようなナイフを研ぐのに使うようです。でも、Fiskars のハサミを研ぐのにも丁度良い大きさ。

まずはパワーレバー。


_MG_6027-4.jpg


レンチでナットを外すと、簡単に分割できます。


_MG_6028-5.jpg


あとは説明書にあるように、上刃をタングステンカーバイドの溝に3、4回、セラミックの溝に3、4回通し、下刃は SERRATED CERAMIC で研磨するだけ。


_MG_6031-8.jpg


組み立てる時は、ネジの形と刃の穴の向きが合うようにして、ネジを締めます。ネジを締めすぎてしまうとレバーが動かなくなるので丁度良い塩梅で止めます。

ハンディギアプルーナの方はオレンジのパーツを回せば簡単に分割できるので同じように研磨。


_MG_6029-6.jpg


_MG_6030-7.jpg


実際に研磨した後に枝を切ってみましたが、買ったばかりのようにザクザク切れます。素晴らしい。

このシャープナーは他の製品に比べても安価なのでとってもお買い得な感じでした。

やっぱり道具は手入れが大切ですね。



LANSKY(ランスキー) シャープナー ブレードメディック LSPSMED01

LANSKY(ランスキー) シャープナー ブレードメディック LSPSMED01

  • 出版社/メーカー: LANSKY(ランスキー)
  • メディア: スポーツ用品




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅