So-net無料ブログ作成
ヘーベルハウスを建ててから ブログトップ
前の10件 | -

フォールディングウィンドウが重い… [ヘーベルハウスを建ててから]



_DSC1121-1.jpg




秋の長雨がようやく上がったある日、フォールディングウィンドウを開けようとしたらすごく重くなっていました。開ける時は何か引っかかったような感じで、閉じる時は一定間隔で「ゴトン、ゴトン」と言う異音がします。普段からシリコンスプレーを吹きかけて滑らかに動くようにしていたのに、何か挟まった?

何度も開け閉めを繰り返して、ようやく異音が発生する場所をつきとめ、上のレールに乗っている滑車が破損していることに気づきました。


wheel_of_holding_window.jpg


滑車に黒い線が見えますが、完全に割れています。開ける時に重いのは、ここで滑車の回転が止まってしまうから。そして閉める時に周期的に異音がするのは、この割れ目がレールにあたる音でした。

いつもは何はともあれヘーベリアンセンターに電話ですが、今回は写真を添付したかったのでメールで修理を依頼しました。メールは写真を添付したり、いつでも依頼できる便利さはありますが、ちゃんと受け付けられたのかわからないので、現時点では電話のほうが確実かもしれません。

修理前に業者さんから電話があり、費用の概算を教えてくれました。一旦フォールディングウィンドウを外さなくてはならないため、二人がかりでの修理になるとのこと。そのため、工賃だけで15,000円。滑車が一つ2,500円。この時点で結構痛い。

実際に交換してもらった滑車はこんな感じ。


_DSC1112-1.jpg


写真ではわかりにくいかもしれませんが、樹脂製の滑車が割れています。


_DSC1116-1.jpg


こちらも。それにほこりがべったりと固着。

滑車交換後の写真ですが、うちのフォールディングウィンドウはこんな感じで取り付けられています。


_DSC1117-1.jpg


上のレールにフォールディングウィンドウを吊り下げる構造なので、フォールディングウィンドウの全重量がこの滑車にかかります。このレールにほこりが溜まったり、滑車に汚れがこびりついたりすると、滑車がレールを転がる時に振動が発生して寿命を短くするのかもしれません。

また、うちはフォールディングウィンドウの開閉回数が少ないことも問題な気がしています。開閉が少ないと長時間一点に荷重が集中してしまい、滑車には好ましくありません。

一通り全ての滑車を点検してもらったのですが、残念なことにどれも内周から外周に向かってクラックが入っていました。完全に割れているわけではないのですが、もはや時間の問題です。滑車自体の値段はともかく、何度も修理を頼んでいたら工賃が高くついてしまうので、思い切って全て交換することにしました。うちの場合、滑車の数は全部で12個…。かなり痛い。



_DSC1122-1.jpg


今回のことを教訓に、レールの掃除と適度な開閉を心がけようと思います。
2017年も残すところ一ヶ月と少し。後は何事もなく無事に乗り切りたいところです。


nice!(2)  コメント(0) 

アクアナックス [ヘーベルハウスを建ててから]



_MG_6137-1.jpg





雑誌ヘーベリアンで紹介されていて気になっていたアクアナックスとオイルナックスを買ってみました。ヘーベリアンのオンラインショップでナックストライアルキットが販売されていてます。ヘーベリアンのオンラインショップではWebからの注文は全て送料無料というのもポイント高いです。

オイルナックスもセットだったのですが、まずは使ってみたアクアナックスについて。


_MG_6139-1.jpg


もともとスイッチパネルと周辺のクロスの汚れが気になっていて、これまでも水拭きしてみたのですが、汚れは薄くなってもかえって汚れが拡散してしまったりしてうまくいきませんでした。

常時換気を行っていると屋内は常に負圧になるため、スイッチプレートの隙間からもわずかに空気が流れてきます。そのわずかな空気の流れに乗ってホコリが運ばれ、汚れとなって蓄積されていくのだと思います。

アクアナックスをスプレーして十分浸透するのを待ってから拭き取ります。さすがにヘーベルハウスが勧めるだけあって、スイッチプレートは白さを取り戻し、クロスの汚れもすっかりきれいになりました。黒ずんでしまった建て具にも有効です。

他にも、アクアナックスの使い方を紹介しているページにあった髭剃りの刃のつけ置き洗いを試してみました。

いくら洗っても取れなかった髭剃りの刃のあの匂いがかなり軽減されました。

とても使えるアクアナックスなのですが、メーカーのページを見てもいまひとつその理屈が理解できません。ph12.5〜13.1と言う高アルカリ性であり、「アクアナックスは水だけでできている」と書かれていますが、実際には99.9%が水であり、なんらかのアルカリイオンが含まれているはずです。

ホームページを見ていくと「よくある質問」に答えがありました。

Q :「吹きつけた後に白っぽいものが残りました。これはなんですか?」
A :「アクアナックスをアルカリ化(製造上)する上で使用する「炭酸カリウム」が条件によっては残る可能性があります。」

ということで、炭酸カリウムがアルカリイオンの正体のようです。

Wikipediaの炭酸カリウムに関する記事を見てみると、次のような記述があります。

大変水に溶けやすく強いアルカリ性を示す。
炭酸カリウムを放置すると二酸化炭素と結合し、炭酸水素カリウムいわゆる重曹に変化する。
もともと人類は植物の灰を水に溶かすことにより炭酸カリウム水溶液を作成していた。
炭酸カリウム溶液は油分の鹸化に有効であり、現在でも液体石鹸として使われている。
麺を作る時に使われる「かんすい」もこの炭酸カリウム。

食料品にも使われるくらいなので安全性に関しては問題なさそう。ただし、強アルカリなので、手荒れや目に入らないように気をつける必要はありそうです。

とりあえず炭酸カリウムによるこうアルカリ溶液であることはわかったのですが、結局、なぜ「アクアナックスは水分子よりも小さな粒子」なのかの説明を見つけることはできませんでした。水の最小単位である水分子よりも細かいとはどういうことなのか。

残念ながらこの辺りの疑問は解消されていませんが、水拭きでは落ちないような汚れに対してかなり有効なことがわかりました。これからとても活躍してくれそうです。


アクアナックス 除菌洗浄剤 トリガースプレータイプ 500mL

アクアナックス 除菌洗浄剤 トリガースプレータイプ 500mL

  • 出版社/メーカー: 中島産業
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



nice!(2)  コメント(0) 

Raspberry Pi (温度・湿度測定) [ヘーベルハウスを建ててから]



_MG_6101-1.jpg


だいぶ前の話になってしまいますが、今年のゴールデンウィークは何か新しいことに挑戦してみようと思い、一部の業界では大変ポピュラーなシングルボードコンピュータの Raspberry Pi を試してみることにしました。やってみたいのは家の各部屋の温度と湿度を計測すること。


_MG_6102-2.jpg


購入したのは Raspberry Pi 3 Model B の日本製バージョン。


_MG_6103-3.jpg


「規制準拠と安全に関する情報」が日本語で説明されていました。


_MG_6104-4.jpg


手のひらにのるサイズに必要な機能がすべて集約されているのがいいです。特に Raspberry Pi 3 Mode B は Bluetooth と Wi-Fi が付いており簡単にネットワークにつなげるのでとっても便利。


_MG_6106-6.jpg


さらに小さな Raspberry Pi Zero も購入。こちらはクアッドコアに対してシングルコア、メモリも 1GB に対して 512MB と Pi 3 Model B には劣りますが、今回のようにセンサーのデータを取得する程度であればまったく問題なし。ただ、Pi Zero は販売制限等(通常1人1台)がありたくさん入手するのは難しいです。


_MG_6107-7.jpg


Raspberry Pi 財団からは可愛らしい(?)公式ケースも発売されています。

実際のプログラミングでは、

Python
MySQL
Firebase
Google Charts

等を使いました。どれもネットで調べれば今回の用途には十分な情報が得られます。


_MG_6108-8.jpg


はじめはむき出しにしてたのですが、周辺の評判が悪かったので(笑)、無印良品のポリプロピレンメイクボックスに電動ドリルで大きめの穴を複数開けて Raspberry Pi とセンサーを収納しました。これである程度通気性が確保され、Raspberry Pi 自体の発熱がセンサーに影響するのを多少は抑えられると思います。


_MG_6110-10.jpg


Pi Zero にはそれに加えて Wi-Fi ドングルも収納。だいぶ見た目もスッキリしました。


home_env.png


実際に得られるのはこんなグラフ。ここでは 10 分間隔で 24 時間分のデータを表示していますが、週、月、年のグラフも表示できるようにしてあります。とはいえ、まだ月と年のデータは大して揃ってません。

異なるセンサーを使っているので、気圧のデータはあてになりませんが、温度と湿度に関してはおおよそ正しそう。お風呂を使うと洗面所の湿度がぴょこんと上がりますが、すぐに正常な値に戻っています。また、洗面所のセンサーは東の窓際に置いてあるので、日の出とともに気温がぐんぐん上昇。

こうして、実際の気温と湿度を空調や加湿、除湿の参考にするといいかなと思っています。

なかなか有意義(?)なゴールデンウィークを過ごせました。;)



Raspberry Pi 3 MODEL B 【RS正規流通品】 + Pi3 用 5V 2.5A 電源 セット

Raspberry Pi 3 MODEL B 【RS正規流通品】 + Pi3 用 5V 2.5A 電源 セット

  • 出版社/メーカー: vership
  • メディア: エレクトロニクス



nice!(2)  コメント(0) 

click clock [ヘーベルハウスを建ててから]



_MG_6100-1.jpg




とある事情から、置き時計が必要になりました。ずっと前から欲しいと思っていたのですが思いとどまっていた時計を、今回ついに購入。購入をためらっていた理由は電波時計ではないこと。そして電波時計でない割にいいお値段(笑)。


_MG_6085-1.jpg


メーカーは英国のGingko Electronics 。ウェブページをチェックしたところ、結構いいデザインの製品を出しています。


_MG_6089-1.jpg


箱には "Designed in England, Assembled in China" と書かれており、これは英国製品であることをどうしても主張したいみたい。この click clock シリーズだけでも本体と文字の色の組み合わせがたくさんあります。


_MG_6087-1.jpg


基本的に欧米での流通しか想定していないので、オリジナルの説明書に日本語はありませんが、日本語訳が添付されています。ただ、日本語の説明書では日付が日本式の「月日」で書かれていますが、実際にはの欧米式の「日月」の順。


_MG_6090-1.jpg


背面はかなり普通なデザイン。DC5Vで動かすこともできますが、さすがにこの時計にケーブルをつなぐ人はいないのでは。


_MG_6093-1.jpg


今は Panasonic になってしまった eneloop を入れて電源オン。


_MG_6096-1.jpg


見た目は木目が綺麗な白い箱ですが、トンと叩いたり大きな音を立てると時刻、日付、温度、を表示します。


_MG_6097-1.jpg


うちの白を基調としたインテリアにもあっているし、ひっそりとして目立たない佇まいも気に入りました。





Cube Click Clock キューブクリッククロック ホワイト

Cube Click Clock キューブクリッククロック ホワイト

  • 出版社/メーカー: CubeClickClock
  • メディア: ホーム&キッチン



Cube Click Clock キューブクリッククロック ブラック

Cube Click Clock キューブクリッククロック ブラック

  • 出版社/メーカー: CubeClickClock
  • メディア: ホーム&キッチン



nice!(2)  コメント(0) 

Componibili [ヘーベルハウスを建ててから]



_MG_6083-3.jpg




最近、自分の机が手狭に感じることが多くなったので、サイドテーブルっぽいものが欲しいなと思っていました。収納としても使え、そこそこデザインが良い見栄えのするものは…。そこで定番の Componibili を買うことにしました。

アマゾンのストアから購入。






_MG_6079-2.jpg


商品が届いて開けてみると、やっぱりイタリアンクオリティ。底部にゴムが付いているのですが、これがはめ込まれておらず「ぐにゃぁっ」となっていました。のっけからイタリアのおおらかさを感じます。


_MG_6078-1.jpg


自分でしっかりとはめ直して外観を確認。ゴム以外に不具合はなさそう。

スライド式の扉が引っかかる感じなので、シリコンスプレーをレールの部分に吹き付けたらとても滑りが良くなりました。高さは 58.5cm で本や書類を置くのにぴったり。ただ、天板にカップなど硬いものを直接置くと傷がつきそうなので、ランチョンマットやコースターなどを置いた方がよいかも。

これで机回りのスペースに余裕ができたらうれしいなぁ。(笑)



nice!(2)  コメント(0) 

外水栓の水漏れ [ヘーベルハウスを建ててから]



_DSC1103-1.jpg




うちでは外水栓にオンリーワンの横水栓ラモシリーズを使っています。デザインが美しくリーズナブルで気に入っているのですが、泡沫アダプターのメッキが落ちて真鍮のサビが出てきており、品質の面では値段相応なのかもしれません。

とある週末、車に乗ろうとしたらどうも水が流れる音がするので、確認してみると外水栓から結構な量の水が流れているではありませんか。いたずらでもされたかと思い、ハンドルを回しみましたが水は止まりません。どうやら水栓自体が壊れてしまったようです。

とりあえず、タカギの散水用ホースリールを水栓に接続して水を止めて、いつものようにヘーベリアンセンターに連絡しました。こんな時、やっぱりワンストップサービスは本当に助かります。ヘーベリアンセンターで複数の水道業者に当たってくれて、そのうちの1社がその日のうちに見に来てくれることに。

どうやら、スピンドルと言う部品が劣化して水が漏れているのではないかとのこと。修理するには部品を取り寄せなくてはならず、この日は蛇口を塞ぎ止水するための部品を水栓につけて終了。部品の取り寄せやスケジュールの都合で修理は2週間後の週末になりました。

修理当日、交換してもらったのはセラミックカートリッジと言う部品。実際に交換してもらった部品を見せてもらったのですが、金属部分は多少変色してはいるようでしたが壊れていることもなく、おそらくパッキンが痛んでしまったのだと思います。

今回のトラブルで一つ心当たりがあるのは、この水栓は回転方向が逆のためつい普通の水栓と同じ向きにハンドルを回してしまい、無理な力がかかってパッキンを痛めてしまった可能性が高いです。今回のトラブルでは止水のため業者に来てもらい、さらにカートリッジ交換のためにもう一度来てもらったため、カートリッジの金額はさほどでもないのにかなりの費用になってしまいました。

もともとリーズナブルでデザイン性の高い外水栓を選んだのですが、回転方向が逆だとは思ってもいませんでした。外水栓を交換するには部分的に外壁の塗装も必要になる場合もあり、これも結構な出費になる可能性があります。外水栓は耐久性も十分考慮して選ぶべきだったかなと少し反省。

とりあえず、蛇口をひねる向きを間違わないように気をつけて使っていきたいと思います。
nice!(2)  コメント(0) 

Happy New Year 2017!! [ヘーベルハウスを建ててから]



2017年賀状-for-web.jpg




今年もよろしくお願いします。

このブログを始めてから 8 年半、我が家の竣工から 7 年 5 ヶ月。
そろそろ我が家も、色々なところでメインテナンスが必要になるのではと覚悟していましたが、2016 年の記事を振り返ってみても、年末の床暖房のエラー発生くらいで、これといった大掛かりなメインテナンスはしてないですね。今年もあまり大きなメインテナンスは無いといいな。(^^;;

nice!(0)  コメント(0) 

床暖房でエラー発生!! [ヘーベルハウスを建ててから]



_DSC1101-1.jpg


この冬、久しぶりに床暖房を運転してみると、しばらくしてピピという音とともに、リモコンに "CH 2501" というエラーが表示されてしまいました。我が家で使っているのは、三菱電機製のエコヌクールピコ。Google で検索してみると、防錆循環液が不足しているようです。

https://dl.mitsubishielectric.co.jp/dl/ldg/wink/ssl/wink_doc/m_contents/wink/FAN_IB/1605876he6701_ib.pdf

早速ヘーベリアンセンターに電話して修理を依頼。

我が家のエコヌクールピコは開放型と呼ばれるもので、防錆循環液が流れる経路が完全に密閉されているわけではなく、防錆循環液が徐々に蒸発して減っていきます。そのため、最終的に運転するのに十分な防錆循環液が足りなくなり、今回の "CH 2501" エラーが表示されるようになるようです。通常、そうなる前に、リモコンに循環液不足の警告が出るらしいのですが、全く気付いていませんでした。
防錆循環液のみ購入し、自分で継ぎ足すこともできるのですが、今回は漏れなどが無いかの点検も行ってもらうため、サービスセンターの人に見てもらいました。点検の結果、防錆循環液の漏れなどは確認されず問題無いとのこと。そこで防錆循環液を継ぎ足して運転すると、エラーは無事に解消。


_DSC1098-2.jpg
このキャップを開けて防錆循環液を補充します。


防錆循環液は 1l 単位の販売で、今回は 1.5l 補充したので 0.5l ほど余りました。防錆循環液は使用期限などは無く、今後不足した時の補充に使えるとのこと。


_DSC1097-1.jpg


7 年で 1.5l 減ったことになりますが、1 年で 200ml くらいが蒸発していく計算。3年後くらいに補充すれば、今回余った 0.5l を一度に使い切ることができそうです。
nice!(0)  コメント(0) 

エアコンの日よけ [ヘーベルハウスを建ててから]



_DSC1071-1.jpg


南向きのベランダに設置してあるエアコンの室外機には、直射日光が長時間当たってしまうので、夏の日中に冷房を使う時は効率が気になっていました。ある時、妻の実家でパナソニック純正の室外機屋根を使っているのを見て、これなら効果あるかもと思いうちでも採用。

我が家で使っているエアコンに適合するのは CZ-UY27-C、DAG 7102。まずは、少し小ぶりな DAG 7102 を取付ます。


_DSC1072-1.jpg


13mmのナットを緩めて支持金具を屋根本体に仮留めし、室外機の幅に合わせ、プラスドライバーで室外機にネジ留めします。最後にナットを締めて完了。


_DSC1074-1.jpg


屋根自体は樹脂製で軽く、取り付けもとっても簡単。


_DSC1073-1.jpg


外観も…、それほどおかしくはない、と思う。(^^;;


_DSC1067-1.jpg


CZ-UY27-C の方はプラスドライバーのみで組み立てて設置します。


_DSC1068-1.jpg


この支持金具の取付が大変でした。ネジが固くてなかなか締まりません。もともと DIY での取付は想定されていないのかも。DAG 7102 と違って、支持金具の位置が決まっているので、あらかじめ幅を測って正しい位置に取付る必要があります。


_DSC1066-1.jpg


こちらは2階のベランダに設置されているので、屋根が付いた分、もともとギリギリだったスペースをさらに占有することに。壁までの余裕が減ってしまったので、地震の際に室外機が動いて壁にぶつからないか少し心配。


_DSC1065-1.jpg


このベランダの室外機は、左側の排気口と壁が近すぎて、効率的に熱交換ができていない可能性があります。

とりあえず簡単にわかる、温度を計測してみます。

屋根部分 : 41度
室外機パネル上 : 39度

と、日が当たっている場合には室外機の温度を下げるのに少しは役立っているようです。室外機のパネルの温度が下がることにより、室外機内部のラジエーター付近の温度も多少は下がるのではないかと期待しています。
nice!(0)  コメント(0) 

落下対策 [ヘーベルハウスを建ててから]



_DSC1525-1.jpg


とある日、巨大な荷物がやってきました。


_DSC1526-1.jpg


中に入っていたのはポリカーボネート製チェアマット。

これまで自分の書斎スペースではキャスター付きのチェアを使っていましたが、特にフローリングのケアはしていませんでした。確かにキャスターのせいでフローリングにわずかに凹みが見られるものの、ほとんど気にならないレベルです。

ところが、机から iPad がフローリングにダイブを試みてしまったのです。(泣)

iPad 自体はケースを付けていたので無事でしたが、フローリングにかなり深いダメージを与えてしまいました。iPad は結構重い上に薄いので、それ自体凶器になり得ます。

自分自身のあまりの注意力の無さに呆れて、何かしら対策を取らなくてはいけないと思いました。

おしゃれな円形のラグもいいと思ったのですが、キャスター付チェアの使い勝手や、机の下もカバーしたいことを考えると、あまり良い選択肢な気がしません。

そしてたどり着いたのが、ポリカーボネート製チェアマット。

ネットで口コミをチェックする限り、かなり評価は良いようでした。

実際に届いたマットを開梱すると、マットが結構重いのに驚きます。確かに厚さ 2mm、120cm x 90cm のポリカーボネートの板ですから、このくらいの重量にはなりそう。



_DSC1530-1.jpg


滑り止め加工がされていない面には保護フィルムが貼ってあるのでこれを剥がして設置。



_DSC1534-1.jpg



おしゃれな感じは全くしませんが、半透明で存在感を主張しないのがいいです。ラグは厚みがあって大きさや色の主張が強すぎるのが難点。

滑り止め加工も効果的で、キャスターの回転はスムーズですし、上を歩いて滑ることもありません。

少し気になるのは、使い続けるうちにフローリングとの間にゴミやほこりなどがたまらないかといったところ。

とりあえず、口コミ通りの商品でおすすめできます。



サンワサプライ チェアマット(ポリカーボネート製) SNC-MAT3

サンワサプライ チェアマット(ポリカーボネート製) SNC-MAT3

  • 出版社/メーカー: サンワサプライ
  • メディア: オフィス用品






nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - ヘーベルハウスを建ててから ブログトップ