So-net無料ブログ作成

BARISTA has come! [NESPRESSO]



_MG_6126-1.jpg




今回も、だいぶ時間が経ってしまいましたが、ネスプレッソから秋の限定カプセルが発売されました。今回はものすごくストレートに「バリスタ」シリーズです。味わいの軽い順から「バリスタ・キアロ」「バリスタ・スクーロ」「バリスタ・コルト」。


_MG_6161-1.jpg


「バリスタ・キアロ」は味わいの強さ 5 と軽めなのですが、ミルクレシピにすることでその酸味がミルクと調和してとてもまろやかな味を楽しめました。味わいの強さが軽めのカプセルはどちらかというと苦手なのですが、「バリスタ・キアロ」は美味しい。


_MG_6124-1.jpg


「バリスタ・スクーロ」は濃厚なフルボディであるにもかかわらず、とてもすっきりしたまろやかな味で、とても飲みやすく、そのままでも美味しい。ミルクレシピにすると幾分ミルクの風味が勝っている気もします。


_MG_6128-1.jpg


そして期待の「バリスタ・コルト」。味わいの強さ11だけあって、とてもしっかりとした味わいです。甘いお菓子とあわせても、その風味と味わいは決して負けることはありません。ミルクレシピでも美味しいです。


今回はカプセルを 10 本買うとこちらのピクシールンゴカップを 1,000 円引きで購入できるというキャンペーンが。2 客でおよそ 3,000 円なのでだいたい 3 割引です。


_MG_6129-1.jpg


リニツィオ・ルンゴと同じオレンジがきれいです。


_MG_6130-1.jpg


ルンゴにぴったりなサイズですが、ミルクレシピにもぴったり。気のせいか、このステンレス製カップだと、ミルクの匂いがあまり残らないような…。


_MG_6133-1.jpg


さすがにノベルティとは品質が違います。(笑)


_MG_6136-1.jpg


今回あわせたのはこんな感じの和菓子。


_MG_6156-1.jpg


自分にはちょっと甘すぎました。(^^;;
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

NESPRESSO ON ICE [NESPRESSO]



_MG_6117-1.jpg


これまでは夏になるとネスプレッソでアイスカフェラテを作って楽しんでいたのですが、ついにネスプレッソから二つのアイスレシピ専用カプセルが数量限定で発売されました。今回はより味わいが強い「インテンソ・オン・アイス」を買ってみました。


_MG_6112-1.jpg


夏にピッタリな、涼しさを演出する氷をデザインしたパッケージ。


_MG_6113-1.jpg


ネスプレッソの限定カプセルのパッケージはとても凝っていて毎回感心します。


_MG_6115-1.jpg


この「インテンソ・オン・アイス」にはこれまで無かったヘブライ語の説明が加わり、日本語の説明はシールで対応されていました。日本よりもイスラエルの方が大きなマーケットなのかと思うとちょっと寂しい。それにしても、西洋ではコーヒーは基本的に香りを楽しむものであり、アイスコーヒーはあまり飲まないと聞いていたのですが、スターバックスのフラペチーノに始まりコーヒーのアイスレシピも一般に受け入れられるようになってきたのでしょうか。


_MG_6123-1.jpg


この「インテンソ・オン・アイス」ではいわゆるアイスコーヒーとは違った、本物のコーヒーの風味を楽しむことができます。ただ、私は普段から濃いめのしっかりとした味わいのコーヒーを好むので、少し物足りない感じも。そこで、カイエ ル・ショコラを加えてアイス・カフェ・モカを作っても美味しかったです。


_MG_6121-1.jpg


次回の限定カプセルにも期待です。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

セレクション ヴィンテージ 2014 [NESPRESSO]



_MG_6048-1.jpg


今回の限定カプセルは、ネスプレッソ初のエイジド・コーヒー。

以前訪ねたカフェで、たまたまエイジド・コーヒーに対する否定的な記事を読んだことがあったので、かなり懐疑的な気分で購入しました。



_MG_6046-1.jpg


パッケージとカプセルのデザインはピンクが使われてとても春らしく、箱にもエンボス加工が施されるなど、ネスプレッソの気合が垣間見える気がします。


_MG_6045-1.jpg


コロンビアの標高 3,700mm 付近にある倉庫で、時間、酸素量、湿度、光、気圧などを厳しく管理することで熟成された生豆から生み出されたコヒーは、木を想わせる香りやフルーティな香りと複雑な味わいが引き出されるとのこと。


_MG_6052-1.jpg


味わいの強さは 7 と軽め。

収穫から 2 年以上経過した生豆から果たしてどんなコヒーが出来上がるのか興味津々。

ブラックで飲むと、思ったほど酸っぱさを感じることなく、とてもまろやかな口当たり。さすがにネスプレッソだけあって、なかなか美味しいです。ミルクに合わせるとちょっとコーヒーの風味が負けてしまう感じなので、入れるにしても少量が良さそう。

これだけ手間ひまかけて造られたカプセルとしてはとてもリーズナブルな値段だと思いますが、果たしてそこまでしてエイジド・コーヒーにこだわる必要があるかというと悩ましいところです。

常に新しいコーヒーの世界を教えてくれるネスプレッソの姿勢はとても評価できるので、これからも新しいカプセルを楽しみにしたいです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

カイエ ル・ショコラまとめ買い [NESPRESSO]



_MG_6033-1.jpg


今年もあっという間に師走になってしまいました。この時期になると飲みたくなるのが温かいカフェモカ。以前キャンペーンでもらったカイエ ル・ショコラがとても美味しかったので、ネスプレッソのサイトに在庫が入ったのを見計らって10箱ほどまとめ買いしておきました。


_MG_6038-1.jpg
(ベランダに落ちていた葉っぱと)


前回、カイエ ル・ショコラが無くなってしまった後、代わりに一般的なココアパウダーを使ってカフェモカを作ってみたのですが、あまりの違いにがっかり。やっぱりカイエ ル・ショコラは美味しい。

それに、コーヒーやミルクにより溶けやすいのも、地味ながらうれしいポイント。


_MG_6036-1.jpg


原材料名を見ると、ココアバターの他にもシナモンや香料などが含まれていました。ココアバターの量は自分が買った一般的なココアパウダーと変わらないのですが、ここまで味と香りに違いが出るのが驚きです。やっぱり、自分には一般的なココアパウダーは甘すぎ。しかも、アスパルテームのような人工甘味料で甘くしてあるのも残念。

この冬はしばらくの間美味しいカフェモカを楽しめそうです。(^ ^)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

CAFEZINHO do BRASIL (カフェジーニョ ド ブラジル) [NESPRESSO]



_MG_6013-1.jpg


ネスプレッソの秋の限定カプセルは、オリンピックの余韻覚めやらぬブラジルから、CAFEZINHO do BRASILです。黄色地に緑のブラジルカラーがとてもポップな印象。


_MG_6003-1.jpg


「ブラジルの活気溢れる日々の暮らしからインスピレーションを得て誕生」したというこのカプセル。しっかりとブラジル産の豆が使われており、特別な収穫方法、適した焙煎を行い、ブレンドされています。


_MG_6019-1.jpg


味わいの強さは9。ついパッケージのカップの色合いにだまされて、リストレットでもルンゴでもいけそうですが、エスプレッソカップで飲むのが正しい飲み方。(^^;;


_MG_6017-Edit-1.jpg


スパイシーな口当たりを持ちつつ、後味はとてもすっきり。夏の余韻をこのコーヒーと共に楽しもうと思います。(^^)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

Envivo Lungo [NESPRESSO]



_MG_5969-1.jpg


自分にとっては待ちわびていたカプセルがネスプレッソから発売されました。

Envivo Lungo」です。



_MG_5970-1.jpg



もともと味わいの強いカプセルが好きなのですが、ルンゴカプセルの場合、これまで一番味わいの強いものでも Fortissio Lungo の 8 が最高でした。もちろん Fortissio Lungo は好きなカプセルの一つなのですが、もう少し味わいの強いルンゴカプセルがあったらいいなと常々思っていたのです。



_MG_5972-1.jpg



Fortissio Lungo よりもスパイシーな感じは抑えられているのですが、ルンゴでも十分濃厚な味わい。「朝にぴったり」と紹介されていますが、自分にとっては朝昼晩、いつでも Envivo Lungo を飲みたいくらい。Nespresso のページで3つのミルクレシピが紹介されていますが、この味わいならミルクレシピにしてもコーヒーが負けてしまうことなく美味しく飲めそうです。しかも、このカプセルは限定版ではなく、グラン・クリュに追加されたので欲しい時にいつでも買えるっ!

ただ、この時期飲みたくなるアイスレシピを作るには、ルンゴよりもエスプレッソやリストレットの方が適してるかも。ルンゴだとその分、熱いコーヒーを冷やさなくてはいけないので、氷の量も増えるし、コーヒーも薄くなってしまいます。

とりあえず、ルンゴカプセルの選択肢が増えてとても嬉しいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

Cailler LE CHOCOLAT (カイエ ル・ショコラ) [NESPRESSO]



_MG_5904-1.jpg




capi妻にネスプレッソを6本買ってきてもらうように頼んでおいたら、なぜか2本増えて8本に。どうも8本買うと、このココアパウダーがプレゼントされるということで、うまくのせられてしまったようです。


_MG_5909-1.jpg


早速開けてみると、スティックの切り口に開けやすいようにミシン目が入っており、外国製品のパッケージにあまり良い印象が無かったのでちょっと感動。

芳醇なカカオの香りが漂い、なによりとっても美味しい。

ネスプレッソでカフェラテを作り、スティックの1/3程度のパウダーを加えると自分にとってはほぼ完璧なカフェモカが出来上がりました。


_MG_5907-1.jpg


フランス産で輸入者はネスプレッソ。CT、ATと国別コードが書かれており、もともとスイスとオーストリア向けの製品のようです。貼られているラベル以外は(多分)ドイツ語とフランス語で全く読めず。


_MG_5917-1.jpg


フォームドミルクの上にパウダーを載せたらパウダーの重みで泡がどんどん沈んでしまい、写真はもう少しの出来。素直に先にパウダーを入れておけばいいのですが、それだと面白くないので。(笑)

ネスプレッソのウェブでは756円で販売されていますが、現在は在庫無しでした。

やはり、ネスプレッソのキャンペーンはのせられる価値ありです。(^^;;

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

UMUTIMIA | TANIM [NESPRESSO]



_MG_5853-1.jpg


バレンタインキャンペーンが終わったかと思ったら、もう春の限定コーヒーの発売です。
アフリカ、ルワンダのUMUTIMA wa LAKE KIVUとメキシコのTANIM de CHIAPASです。


_MG_5862-1.jpg



UMUTIMAはおよそ半分を浅煎りに、残りを深煎りにして豆の持つ複雑な特徴を引き出し、TANIMは長時間低温焙煎した豆と、短時間で深煎りにした豆を合わせて強い味わいやなめらかな舌触りをもたせているとのこと。



_MG_5861-1.jpg



味わいの強さはUMUTIMAが6、TANIMは7。比較的軽めの味わいです。

軽めの味わいのカプセルはあまりミルクレシピに向かない印象があったのですが、パンフレットによればミルクレシピにも相性が良いとのこと。さらに、このUMUTIMAは、エスプレッソだけでなくルンゴでも楽しめる、めずらしいカプセルです。



_MG_5856-1.jpg



それにしても、ピンクとグリーンの組み合わせは新鮮…というか派手。(笑)



_MG_5867-1.jpg



UMUTIMAはやや酸味が強く、後味が少しスパイシーな感じ。
TANIMは浅煎りの割に酸味が少なく、すっきりした後味でとっても美味しい。「なめらかな舌触り」という説明はまんざらでもないです。

どちらもミルクレシピに合います。特にUMUTIMAはストレートで飲むのとかなり印象が変わり、コーヒーとミルクの味わいのバランスが良い感じです。



_MG_5873-1.jpg



今回の限定カプセルは個性的でありながら、色々な楽しみ方ができる自由度の高いカプセルでした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

2016バレンタインキャンペーン [NESPRESSO]



_MG_5847-1.jpg




お正月の記事の次がいきなりバレンタインキャンペーンで恐縮ですが、(^^;;
今年もこの時期がやってきました。
今回のキャンペーンではストロングコーヒーセット、もしくはルンゴコーヒーセットを購入すると、カカオニブチョコレート、ミルクチョコレート、もしくは塩キャラメルチョコレートがプレゼントされます。カカオニブチョコレートを食べてみたいと思っていたのですが、すでに品切れということで、やはり食べたことのない塩キャラメルチョコレートになりました。
ちなみにカカオニブとはカカオ豆を砕いてフレーク状にしたもので、カカオ本来の栄養素をより多く摂取できるとのこと。カカオニブチョコレートなら、カカオの食感や風味をよりダイレクトに楽しめそう。やっぱり食べてみたかった…。


_MG_5850-1.jpg


とはいえ、塩キャラメルチョコレートも思ったよりずっと美味しかったです。チョコレートに塩キャラメルの粒が加えられており、クランチのような食感で噛むとキャラメルの風味が楽しめます。ネスプレッソの定番のチョコレートとしてラインナップされるのも納得。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

Gave me wonder. [NESPRESSO]



_MG_5760-1.jpg




今年のフレーバーコーヒーは「チョコジンジャー」「バニラカルダモン」「バニラアマレッティ」の三種類。フレーバーコーヒーがさほどでもない自分には、「チョコジンジャー」のレベルは高すぎに思えたので、「バニラカルダモン」「バニラアマレッティ」のみを購入。


_MG_5764-1.jpg


フレーバーコーヒーなので、味わいの強さはいつもの 6。


_MG_5766-1.jpg


今回のテーマは"Give Wonder."
不思議の国のアリスをテーマにしたパンプレットになっています。アリスにしては随分大人な感じがしなくもない。


_MG_5770-1.jpg


そして、今回はパスポートをコンプリートしようといつもより多めに10本以上買ったので、キャンペーンが適用されてコーヒーフレッシュがプレゼントされました。Nespressoのコーヒーフレッシュなら他より美味しいかと期待しましたが、まあ普通。普段コーヒーフレッシュを使うことはありませんが、入れると味がまろやかになりコクも出るので、いつもと違った味わいを楽しめます。


_MG_5772-1.jpg


Nespressoマシーンで抽出を始めるととても良い香りに包まれます。


_MG_5773-1.jpg


ただ、「バニラカルダモン」「バニラアマレッティ」ともにバニラベースなので、二つの Wondar にあまり違いを感じられませんでした。(^^;;
これなら「チョコジンジャー」にチャレンジしてもよかったかも。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅